スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペク・チヨン、KBS「不朽の名曲」で歌唱した「都市のピエロ」にリクエストが殺到! 

 



ペク・チヨンが歌唱した「都市のピエロ」が音楽ファンのリクエストで17日の午後から音源が発売された。11日土曜日、KBS「不朽名曲」のライバル編に初出演したペク・チヨンはロック音楽界のマエストロ、キム・パダと80年代のライバル同士だったキム・スンジンとパク・ヘソンの曲を持って対決した。この日、ペク・チヨンは80年代のイケメンアイドル歌手のパク・ヘソンの「都市のピエロ」を本人特有の訴えるようなボイスと感性で表現し、観客はもちろん、控え室のアーティストにも感動を与え、すばらしい舞台を披露した。





 ペク・チヨンの「都市のピエロ」を見たMCのムン・ヒジュン(元H.O.T.のメンバー)は「まるで『不朽の名曲』というドラマのOSTのようだった」と語り、歌手のAilee(エイリー)は「感情表現がすばらしい、胸の中に入り込んで余蘊を残す」とペク・チヨンへの尊敬心を表した。

 それだけではなく、ペク・チヨンと対決したキム・パダは放送直後、自分のSNSで「温かい人ペク・チヨン、やはりOSTの女王でした。いつかまた舞台で会えることを! 」とコメントを残し話題になった。

 「不朽の名曲」が放送されてから他の出演アーティストの音源はすぐ各種配信サイトから公開されたが、ペク・チヨンの「都市のピエロ」は未公開のままだった。視聴者とファンは「音源を公開してほしい」と音源の流通社にリクエストをした。

 流通社は「原曲者の意向により音源公開はない方針だったが、放送直後から多くの方からリクエストが殺到したため、原曲者を説得して、本日音源公開を決めた」と伝えた。 ペク・チヨンならではの感性で再解釈された「都市のピエロ」は17日の午後から韓国の各種配信サイトから聴くことができる。

 また、ペク・チヨンはことし日本でも活動も精力的に行う予定であり、現在日本ではセカンドシングル「この愛、忘れないで」が好評発売中。この曲は韓国で大ヒットしたドラマ「IRIS」の主題歌「イッチマラヨ」の日本語盤。ドラマは、イ・ビョンホンの久々のドラマ復帰、「BIGBANG」のT.O.P出演でも話題となり、切ないシーンで流れたこの曲は多くの視聴者の心と耳を捉え、日韓で話題となった。


Copyrights(C)wowkorea.jp

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000007-wow-asent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
『たまこまーけっと』(Tamako Market)は、アニメ『けいおん!』の山田尚子監督による完全オリジナルアニメ作品。同じくシリーズ構成に吉田玲子、キャラクターデザインに堀口悠紀子と、『けいおん!』の豪華スタッフが名を連ねている。2013年1月より放送中。アニメーション制作は京都アニメーション。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。