スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元AKB増田有華「男くさい撮影現場」に汗ふきシートを差し入れ

 



 [映画.com ニュース] アイドルグループ「AKB48」の元メンバー・増田有華が1月18日、池袋シネマ・ロサで行われた主演作「呪報2405 ワタシが死ぬ理由(ワケ) 劇場版」の初日舞台挨拶に登壇した。2012年に関西テレビで放送された1話完結型のホラードラマ「呪報2405」の劇場版。「現場は和気あいあいとした雰囲気だった」と振り返り、「でも、ときどき男の人が頑張っている匂いがすることも。汗ふきシートを差し入れすると、男性陣から『おれらがくさいってこと?』と言われて(笑)」と話していた。



 番組出演後に記憶を失い、気づけば病院に監禁されていたニュースキャスター・玲花(増田)が体験する悪夢と恐怖を描く。キャスター役に挑み「ちょっと機械的なしゃべりを意識した。1度だけリハーサルで『滝川クリステルです』ってやってみた(笑)」と役作りを語った。

 舞台挨拶には増田をはじめ、瑠東東一郎監督、主題歌「ひつじ屋さん」を手がける女性4人組バンド「赤い公園」が登壇。ドラマ版でも演出を担当した瑠東監督は「ホラー映画といえばCGを使う作品が多いが、今回はほぼCGに頼らず、役者さんの演技で怖さを表現する骨太なジャパニーズホラーになった」と誇らしげ。「こだわったのは、舞台となる病院探し」だといい、増田も「撮影後には取り壊されるような場所で、地下にある調理場は暗いし、カビくさいしで……」と不気味がっていた。

 主題歌の作詞作曲を手がけた「赤い公園」のメンバー・津野米咲は、「そんなつもりはないが、普段から曲が怖いと言われる。今回は本気で怖い曲を作ろうと、眠れないときにパッと思いついた」。増田は「寝る前に聞いたら、逆に眠れなくなった。そもそも『ひつじ屋さん』って何なん?」と質問していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140119-00000009-eiga-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

プロ並みのクォリティで撮影できる!デジタル一眼レフ上達講座



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
『たまこまーけっと』(Tamako Market)は、アニメ『けいおん!』の山田尚子監督による完全オリジナルアニメ作品。同じくシリーズ構成に吉田玲子、キャラクターデザインに堀口悠紀子と、『けいおん!』の豪華スタッフが名を連ねている。2013年1月より放送中。アニメーション制作は京都アニメーション。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。