スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年 期待の女優1位 有村架純 3つの武器とは

 



 週刊エンタテインメント誌『オリ★スタ』(1/27号)が発表した『ネクストブレイクランキング2014』によると、今年活躍が期待される「女優部門」1位は、昨年社会現象を巻き起こしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で一躍話題を集めた【有村架純(20)】。昨年は女優業のほか、バラエティ番組やCM出演も急増したことから、その期待度は圧倒的。飛躍のチャンスを掴んだ“あま女優”が、今後どのような変貌を遂げるか? 視線が注がれている。



■女優の夢を抱き、率先してオーディションへ

 有村は中学3年の時に女優になりたいという夢を確信し、自ら現事務所のオーディションに挑む。高校2年で見事合格し、2010年にドラマ『ハガネの女』(テレビ朝日系)で念願の女優デビュー。2011年には『阪急電車 片道15分の奇跡』でスクリーンデビューし、同年11月には映画『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』で初主演も果たした。人気を集めた『SPEC』シリーズなど作品にも恵まれ、順調に経験を積んでいったところで昨年、デビュー3年目にして早くも転機が訪れた。

 『あまちゃん』では、主人公の母親・天野春子(小泉今日子)の若かりし頃を好演。アイドルを目指していた春子を演じるため“聖子ちゃんカット”で80年代に染まり、コミカルなクドカン作品を全身全霊で演じきった。出演シーンとしては、主演の能年玲奈と比べるとわずかだが、有村が演じた清純派アイドルは懐かしさとともに視聴者に絶大なインパクトを残し、その後相次ぐCM、ドラマ、映画で一気にお茶の間に浸透。そして今年、彼女のさらなる飛躍に期待が寄せられている。

■清純から小悪魔まで、引き出しの多い演技力

 支持される理由のひとつは、何と言ってもその演技力の高さ。『あまちゃん』終了後にレギュラー出演したドラマ『スターマン・この星の恋』(フジテレビ系)では、スーパーで働く“宇宙オタク少女”を好演し、ベテラン俳優・國村隼人とのキスシーンも堂々とやってのけた。また、『SPEC』シリーズでは同じく名俳優の竜雷太の愛人役で、年上の彼を小悪魔ちっくに手なずけ、映画『JUDGE ジャッジ』(2013年11月公開)では、罪を背負い“死のゲーム”に巻き込まれる少女を演じる。その引き出しの多さには、「『あまちゃん』と『スターマン〜』での違いにビックリした」(岐阜県/30歳)、「もっといろんな役を見てみたいと思う女優さん」(宮城県/28歳)との声が目立つ。

 今年は、現在月9ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)に出演中のほか、4月からはドラマ『MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜』(TBS系)が控える。さらに、鳥取市オールロケのショートムービー『平穏な日々、奇蹟の陽(仮題)』への主演も決まっており、まさに順風満帆だ。

■CM起用も急増! キュートな笑顔でハートをわし掴み

 2つ目は、輝きを放つキュートな笑顔。『あまちゃん』での活躍をきっかけに、有村にはCM依頼も殺到し、ニホンモニターが発表した『2013年 タレントCM起用社数ランキング』では、11社に起用された有村が、前年の圏外から5位にのし上がった。「CMでよく見かける姿は、目を引くし印象に残る」(福岡県/36歳)、「男性からも女性からも支持されそう」(群馬県/34歳)とのコメントからもわかるように、透明感あふれる笑顔と美しく可愛らしいルックスはまるで天使のよう。彼女にとっての大きな武器だ。

■バラエティ番組で見せる大物感

 そして、3つ目はバラエティ番組などでの立ち振る舞い。CMや演技の露出が増えるとともに、昨年は多数のバラエティ番組にも出演。『笑っていいとも!』では、緊張した面持ちを見せずタモリとにこやかに盛り上がり、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(ともにフジテレビ系)でも気後れすることなく、とんねるずとトーク。木梨憲武のムチャぶりに応え、しなやかな“ノリツッコミ”も披露している。大物たちとの軽快なやり取りを見ていると、自然と別フィールドでの活躍も楽しみになってくる。

 ヒット作との出会いは、若手俳優にとって自分の名前を世に知らせる大きなチャンスとなるが、それと同時に今後の活動へのプレッシャーも重くのしかかる。現在“あま女優”の中でも、注目株と言われているのは有村のほか、天真爛漫さで魅了する能年玲奈、クールさも武器の橋本愛と、演技力はもちろんそれぞれ違った魅力を持った3人。一過性のブレイクに留まらず、また誰が“名女優”の階段を駆け上がっていくのか。今年も彼女たちの活躍から目が離せない。

※自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の女性1,000名(20代、30代)へのアンケートと『オリ★スタ』読者を元に独自に集計したもの。
※全国ネットのゴールデンタイムで放送されているドラマに、主演していない俳優&女優から選出。(2013年12月4日付)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140116-00000328-oric-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。





もう見た?気になるサイトをピックアップ!

パソコンを使ってわずか3日で8万円を繰り返し手に入れた方法



ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

このマニュアルに沿ってブログを作っていけば、どんな初心者でも30分でほったらかしで稼げるアフィリエイトブログが作れます。→ 今ならノウハウ無料提供中

話題急上昇エンターテイメントニュース記事

オンラインショッピング

ページトップへ
『たまこまーけっと』(Tamako Market)は、アニメ『けいおん!』の山田尚子監督による完全オリジナルアニメ作品。同じくシリーズ構成に吉田玲子、キャラクターデザインに堀口悠紀子と、『けいおん!』の豪華スタッフが名を連ねている。2013年1月より放送中。アニメーション制作は京都アニメーション。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。